calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

archives

会社概要

テレワークを支えるウイルス対策ソフト「ESET DYNAMIC THREAT DEFENSE」

0

    JUGEMテーマ:ビジネス

     

     

     

    みなさんこんにちは!三毛・D・なつみです。

     

     

     

    全国で緊急事態宣言が解除されましたね。
    少しずつ、いつもの生活を取り戻していけたらいいですね。

     

     

     

    コロナが収束したら何をしたいか、
    これを考えるだけでわくわくしますo(●´ω`●)o
    皆さんは初めに何をしたいですか??

     

     

     

    私はやっぱり…美味しいものを食べに行きたいです♪

     

     

     

    安心できない日々は続きますが、
    前向きに頑張りましょう!

     

     

     

     

    さて、新型コロナウイルス感染症を乗り越えるために
    テレワークの導入が増加しましたが
    今後も「働き方改革」を進めるにあたり
    テレワークの継続を考えているお客様は多いのではないでしょうか。


    『働く場所の多様化』に伴ってセキュリティ対策は急務と考えます。

     

     

     

    セキュリティ対策としてウイルス対策ソフトの導入を
    検討されるお客様は多いかと思われますが、

     

    ・OSやアプリケーションの修正前の脆弱性を利用する

     「ゼロデイ攻撃」
    ・標的企業専用にカスタマイズされた

     マルウェアを使用する 「標的型攻撃」
    ・パワーシェル等OSやアプリケーションの正規の機能を

     悪用するためマルウェア本体を必要としない

     「ファイルレスマルウェア攻撃」

     

    といったウイルス対策ソフトだけでは
    防御が難しい高度化・巧妙化したサイバー攻撃が

    近年増加しています。

     

     

     

    これらの攻撃への対策として、EDR(Endpoint Detection and Response)や
    サンドボックスといった製品が注目を集めますが、

    導入・運用コストが高額な点や、自社の技術レベルに依存する点等に
    懸念を抱いた経験を持つお客さまは少なくないかと思います。

     

     

     

    そこで今回ご紹介したい製品は
    「ESET DYNAMIC THREAT DEFENSE(略称:EDTD)」です!

     

     

     

     

    本製品は「ESET ENDPOINT PROTECTIONシリーズ」のオプション製品で、
    ウイルス対策ソフトを更に強化し、
    高度化・巧妙化したサイバー攻撃からの保護を可能にします。

     

     


    新規での機器購入が不要、新規での環境構築が不要、

    処理は全自動と、
    導入に向けてハードルの低い製品なのです。

     

     


    「EDTD」の特徴は以下4つです。

     

     

     ‖やかな自動解析・自動防御
      端末で見つけた不審なサンプルをクラウド上の解析環境へ

      自動送信し、約3分〜5分の解析の後、

      全端末に自動で結果(脅威情報)を配布します。

     

     

     脅威を可視化するレポート機能 
      クラウド上での解析の結果、悪質なサンプルであったか否か

      の内容、観察された挙動の内容を、

      統合管理システム「ESET Security Management Center 
      (略称:ESMC)」で確認できます。

     

     

     

     ESETの最新テクノロジーを搭載したクラウド解析環境 
      クラウド上では、「機械学習によるサンプル比較」

      「サンドボックスによる振る舞い分析」
      「最新のスキャンエンジンによる異常分析」を行います。

     

     

     

     ご蔽韻米各
      「ESET ENDPOINT PROTECTIONシリーズ(V7以降)」

      のご利用と、「ESMC」によるクライアント端末の管理を

      実施しているお客様であれば、クライアント側での作業は

      一切不要です。
      「ESMC」からクライアント端末に対してライセンスの有効化と

      ポリシーの配布だけでご利用を開始頂けます。

     

     


    「セキュリティの強化を検討しているが、難しい運用は避けたいと考えるお客様」
    「システム担当者の人数が少ないお客様」
    「過去にEDRやサンドボックスにお製品を検討したことがあるお客様」


    には特にお勧めしたい製品です!

     

     


    もっと詳しい内容が知りたい方は詳細もご覧ください。
     
    製品についての詳細はこちら

     

     

     


    以上、なつみがお伝えしました♪

     

     

     


    コメント
    コメントする